デブでも乗れるクロスバイク

デブがクロスバイクに乗る時の注意点

体重が100kgを超えるような人が
クロスバイクに乗るときには、
いくつか注意してほしいことがあります。
 

ダイエット目的で乗る場合


デブな人がクロスバイクに乗る。
ほとんどの場合はダイエット目的なのではないでしょうか?


ここで注意してほしいのですが、
クロスバイクに乗る前に
バナナ1本ぐらいは軽く食べるようにしてください。


自転車は急激にエネルギーを消耗します。


空腹のままクロスバイクに乗ると、
一気に血糖値が下がってしまいます。


「ハンガーノック」と言うのですが、
いきなり体が動かなくなって転倒したり、
意識が朦朧とすることがあるのです。


ハンガーノックは、
疲れている自覚がなくても突然発症します。


クロスバイクで転倒すれば
最悪の場合、命に関わります。


必ず、軽く食べてから乗るようにしましょう。
 

クロスバイクの寿命を伸ばすために


体重が重ければ重いほど、
クロスバイクにかかる負担が増えていきます。


お気に入りのクロスバイクに
長く乗り続けたいなら、
段差をうまくクリアする必要があります。


注意してほしいのが
スピードが出ている時。


段差を降りるよりも、
上るときのほうがタイヤに負担がかかります。


特にハイスピードのまま
車道から歩道に移動するときには、
段差がないか確認してください。


歩道の段差に突っ込むと、
パンクやフレームへの負担が徐々に蓄積されてしまいます。